コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島勘左衛門 みしま かんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島勘左衛門 みしま-かんざえもん

1749-1832 江戸時代後期の実録作者。
寛延2年生まれ。飛騨(ひだ)(岐阜県)の人。大原騒動指導者のひとり上木(うわき)甚兵衛の次男。寛政3年(1791)伊豆(いず)新島にわたり,流罪となっていた父を看病。以後10年間在島し,この間に実録小説「天明水滸(すいこ)伝」のほか,「新島追慕編」などをあらわした。天保(てんぽう)3年死去。84歳。名は正英。号は移嶋散人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三島勘左衛門の関連キーワード上木甚兵衛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android