コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三弦・三絃 さんげん

大辞林 第三版の解説

さんげん【三弦・三絃】

三味線の別名。 〔特に地歌・箏曲そうきよくでは正称として慣用〕
中国の撥弦はつげん楽器。形状は日本の三味線に似るが、胴は長円形に近く両面に蛇皮を張り、撥ばちは用いず右手指先で弾奏する。元代から今日まで各種音楽で盛んに用いられている。琉球に伝来して三線さんしんとなり、その三線が日本本土で改造されて三味線となった。三弦子。弦子。
中国の三弦、琉球の三線、日本本土の三味線など、同類の楽器の総称。
雅楽で用いる三種の弦楽器。和琴わごん・琵琶・箏の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三弦・三絃の関連キーワード三味線地歌蛇皮琉球弦子三弦総称

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android