コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三慧 サンエ

デジタル大辞泉の解説

さん‐え〔‐ヱ〕【三×慧】

連声(れんじょう)で「さんね」とも》仏語智慧を修行の順序によって三つに分類したもの。経典の教えを聞いて生じる聞慧(もんえ)、思惟・観察によって得られる思慧(しえ)、禅定を修して得られる修慧(しゅえ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんえ【三慧】

〔「さんね」とも〕
〘仏〙 経教を見聞すること(聞慧)、理を思惟すること(思慧)、禅定を修めること(修慧)によって得る三つの智慧。聞思修慧。

さんね【三慧】

「さんえ(三慧)」の連声。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三慧の関連キーワード円通院連声経教

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三慧の関連情報