コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三手楓 ミツデカエデ

デジタル大辞泉の解説

みつで‐かえで〔‐かへで〕【三手×楓】

カエデ科の落葉中高木。深山に自生。葉は3枚の小葉からなる複葉。小葉は長楕円形で縁に粗いぎざぎざがあり、先がとがる。雌雄異株。春、黄色い花を穂状につける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつでかえで【三手楓】

カエデ科の落葉高木。深山に生える。葉は柄が長く、狭卵形であらい鉅歯きよしのある小葉三個からなる。春、葉腋に四弁花を穂状につける。花後、翼果を結ぶ。雌雄異株。材は器具・薪炭用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三手楓 (ミツデカエデ)

学名:Acer cissifolium
植物。カエデ科の落葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三手楓の関連キーワード器具翼果卵形葉腋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android