コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼果 よくか key fruit; samara

5件 の用語解説(翼果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翼果
よくか
key fruit; samara

翅果ともいう。子房壁が薄膜状に突出して,果実の翼状になっているものをいう。トネリコ,ニレ,カエデなどでよくみられる。カエデの場合には離生子房なので,2つの子房からそれぞれ1枚の翼を生じ,2枚の翼をもつようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よく‐か〔‐クワ〕【翼果】

よっか(翼果)

よっ‐か〔ヨククワ〕【翼果】

閉果(へいか)の一。果皮の一端が伸びてできた膜状の翼があり、風に乗って飛散する。カエデ・ニレなどにみられる。翅果(しか)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よくか【翼果】

よっか【翼果】

乾果中の閉果の一種。果皮が伸びて翼つばさ状となり、風により散布される。翅果しか。カエデ・トネリコ・ニレなどの果実の類。 → 果実

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翼果の関連キーワード液果乾果ハマナツメ(浜棗)プラム乾燥果薔薇状果ノシメマダラメイガ電気泳動効果(化学)ペシャーワルコクガ(穀蛾)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

翼果の関連情報