翼果(読み)よくか(英語表記)key fruit; samara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翼果
よくか
key fruit; samara

翅果ともいう。子房壁が薄膜状に突出して,果実状になっているものをいう。トネリコニレカエデなどでよくみられる。カエデの場合には離生子房なので,2つの子房からそれぞれ1枚の翼を生じ,2枚の翼をもつようになる。風による散布を助ける構造である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よっ‐か ヨククヮ【翼果】

〘名〙 果実の一つ。果皮または果皮の一部が発達して翼となったもの。風によってよく飛び散る。カエデなどがその例。翅果。

よく‐か ‥クヮ【翼果】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android