コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼果 よくかkey fruit; samara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翼果
よくか
key fruit; samara

翅果ともいう。子房壁が薄膜状に突出して,果実の翼状になっているものをいう。トネリコ,ニレ,カエデなどでよくみられる。カエデの場合には離生子房なので,2つの子房からそれぞれ1枚の翼を生じ,2枚の翼をもつようになる。風による散布を助ける構造である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よく‐か〔‐クワ〕【翼果】

よっか(翼果)

よっ‐か〔ヨククワ〕【翼果】

閉果(へいか)の一。果皮の一端が伸びてできた膜状の翼があり、風に乗って飛散する。カエデ・ニレなどにみられる。翅果(しか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よくか【翼果】

よっか【翼果】

乾果中の閉果の一種。果皮が伸びて翼つばさ状となり、風により散布される。翅果しか。カエデ・トネリコ・ニレなどの果実の類。 → 果実

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

翼果の関連情報