コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三政 さんせい

世界大百科事典 第2版の解説

さんせい【三政】

朝鮮,李朝における田税(田政),軍役(軍政),還穀(還政)の三大収取体制をいう。田税は初め科田法で収穫物の10分の1とされたが,李朝後期には一結(結負制)につき本来の田税が米4斗,大同法による大同米が12斗,その他が4斗とされた。軍役は常民壮丁すべてに課され,初めは交替で実役に赴いたが,李朝後期には壮丁1人につき綿布を年2匹納めた(軍布といい,米12斗に相当)。一種の人頭税であり,1750年の均役法で半減された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

三政の関連キーワードファーマーズ・アライアンス改革党[アメリカ合衆国]革新党[アメリカ合衆国]普天間飛行場の移設問題アメリカの第三党運動インフレ・ターゲット地方分権改革推進法フリー・ソイル党グリーンバック党サードパーティーロハス・ピニヤ機能性表示食品リフレーション憲法改正の論議教育再生懇談会ポピュリスト党教員免許更新制モンテスキュー復興推進委員会松島遊廓疑獄

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三政の関連情報