コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三政 さんせい

世界大百科事典 第2版の解説

さんせい【三政】

朝鮮,李朝における田税(田政),軍役(軍政),還穀(還政)の三大収取体制をいう。田税は初め科田法で収穫物の10分の1とされたが,李朝後期には一結(結負制)につき本来の田税が米4斗,大同法による大同米が12斗,その他が4斗とされた。軍役は常民壮丁すべてに課され,初めは交替で実役に赴いたが,李朝後期には壮丁1人につき綿布を年2匹納めた(軍布といい,米12斗に相当)。一種の人頭税であり,1750年の均役法で半減された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三政の関連キーワードファーマーズ・アライアンス革新党[アメリカ合衆国]改革党[アメリカ合衆国]普天間飛行場の移設問題アメリカの第三党運動インフレ・ターゲット地方分権改革推進法グリーンバック党フリー・ソイル党サードパーティーリフレーション憲法改正の論議機能性表示食品ロハス・ピニヤポピュリスト党教育再生懇談会モンテスキュー復興推進委員会教員免許更新制テロ等準備罪

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三政の関連情報