三政(読み)さんせい

世界大百科事典 第2版の解説

さんせい【三政】

朝鮮,李朝における田税(田政),軍役(軍政),還穀(還政)の三大収取体制をいう。田税は初め科田法で収穫物の10分の1とされたが,李朝後期には一結(結負制)につき本来の田税が米4斗,大同法による大同米が12斗,その他が4斗とされた。軍役は常民壮丁すべてに課され,初めは交替で実役に赴いたが,李朝後期には壮丁1人につき綿布を年2匹納めた(軍布といい,米12斗に相当)。一種の人頭税であり,1750年の均役法で半減された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三政の関連情報