コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬戌民乱 じんじゅつみんらん

世界大百科事典 第2版の解説

じんじゅつみんらん【壬戌民乱】

朝鮮,李朝末期の民衆反乱。1862年(干支は壬戌)2月の慶尚道晋州の民衆反乱に始まり,同年11月にかけて朝鮮南部(慶尚,全羅,忠清各道)の各地で相次いだ農民を主体とする反乱。晋州民乱ともいう。発生期東学の活動時期・地域とほぼ重なり,翌年には大院君政権が成立するなど,朝鮮近代の開始期に起きた民衆反乱として重視されている。反乱の直接的原因は地方長官や吏属のかってな不当収奪(重税)にあり,地方の新興勢力(富民など)が反乱を指導した場合もみられるが,多くの民乱(当時の官側の用語であるが,朝鮮では歴史名辞化している)は地方の役人たちに対してだけでなく,新興勢力を含む地方の有力者(地主,富民など)をも襲撃の対象とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の壬戌民乱の言及

【李朝】より

…1392年に高麗を滅ぼして成立し,1910年まで続いた朝鮮の王朝。李氏朝鮮の略称で,朝鮮王朝ともいう。李朝が成立した時期は,ちょうど日本では南北朝の動乱が終わって室町幕府が確立した時期であり,中国でも約20年前に元が滅びて明が成立している。このように高麗から李朝への転換は,東アジアの大きな変動の一環をなしている。李朝は518年間存続し,東アジアでは例をみない長期の王朝であった。
【時代区分と概説】
 李朝時代を時期区分すれば,初期(1392‐1469)=支配体制の確立期,中期(1470‐1607)=支配体制の動揺期,後期(1608‐1860)=支配体制の解体期(再編期),末期(1860‐1910)=朝鮮近代の4期に区分することができる。…

※「壬戌民乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

壬戌民乱の関連キーワードサイゴン条約黒住教バールセンブッセリチャードソンリッジウェー有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android