三条実綱(読み)さんじょう さねつな

美術人名辞典の解説

三条実綱

公卿。初名公宣、号は了光院。実枝の子、公頼の養嗣子。仕えて正三位権中納言に至る。天正9年(1581)歿、20才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条実綱 さんじょう-さねつな

1562-1581 織豊時代の公卿(くぎょう)。
永禄(えいろく)5年生まれ。三条西実枝(さねき)の子。母は正親町三条公兄(おおぎまちさんじょう-きんえ)の娘。三条公頼の養子となり,天正(てんしょう)7年権(ごんの)中納言にすすんだ。正三位。天正9年2月7日死去。20歳。贈右大臣。初名は公宣。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android