コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条公頼 さんじょう きんより

美術人名辞典の解説

三条公頼

戦国時代の公卿。三条実香の子。本姓は藤原、天法輪三条とも。権中納言・内大臣を経て従一位左大臣に任ぜられる。戦乱を避け、周防の大内義隆を頼るが、当地で陶晴賢の乱に遇う。天文20年(1551)歿、54才。(異57才)

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条公頼 さんじょう-きんより

1498-1551 戦国時代の公卿(くぎょう)。
明応7年生まれ。三条実香(さねか)の子。永正(えいしょう)11年従三位,権(ごんの)中納言となり,天文(てんぶん)15年左大臣。16年従一位にのぼる。20年戦乱をさけて周防(すおう)(山口県)の大内義隆をたよるが,陶晴賢(すえ-はるかた)の乱にまきこまれ,同年9月1日死去。54歳。生年は一説に明応4年。後竜翔院左大臣とよばれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三条公頼の関連キーワード二条尹房武田信玄三条実綱如春尼明応

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android