コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三枝斐子 さいぐさ あやこ

2件 の用語解説(三枝斐子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三枝斐子 さいぐさ-あやこ

1759-? 江戸時代中期-後期の文学者。
宝暦9年生まれ。旗本三枝守保の娘。土屋廉直の妻。和漢の学に通じ,和歌にもすぐれた。文化4年堺(さかい)奉行となった夫と任地へ同行,道中紀行「旅の命毛(いのちげ)」と堺滞在の記録「和泉(いずみ)日記」をあらわした。天保(てんぽう)初年ごろ死去。字(あざな)は子章。号は茅淵,清風。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三枝斐子

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:宝暦9(1759)
江戸後期の文学者。旗本紀伊守土屋廉直の妻。夫は1000石の禄高を食み江戸飯田町に居住した(『幕士録』,1827)。名は子章。茅淵,清風と号した。文化3(1806)年夏,夫が堺奉行に就任し,80代の親を江戸に残し,夫婦は和泉へ赴く。下向中の辛い事,面白い事を高雅な和文で自在に綴った紀行文『旅の命毛』(1809序)と,未刊の在任記録『和泉日記』(1809)は精彩に富み,当時から女流和文の好著と目されていた。「此女房性質文才有りて稽古の力うすし。師承なきまゝに,あやまりも折々みゆれど,玉の疵とやいふべき」(岡本保孝難波江』)。教訓書『枝氏家訓』2巻も写本で伝わる。<著作>『旅の命毛』(『続帝国文庫』,『女流文学全集』3巻)

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三枝斐子の関連キーワード花守岱年岳鳳土屋温直青木紀伊守土屋陳直土屋寿直土屋英直土屋寛直土屋泰直土屋彦直

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone