コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三槐抄 さんかいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三槐抄
さんかいしょう

毎年正月 11~13日に行われた諸国の国司を任命する県召 (あがためし) の行事に関する研究解説書。3巻。藤原実房 (1147~1225) の著。父公教の懐中にした覚え書をもとに承安4 (1174) 年起稿,その後補訂を加えて元仁2 (1225) 年頃までに完成。彼の家は三条を称し,彼自身大臣 (唐名を槐門という) に昇進したため,この書を『三槐抄』と後人が呼びならわした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android