コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槐門 カイモン

大辞林 第三版の解説

かいもん【槐門】

三公(大臣)の唐名。槐位。 「三台-の家に生まれ/保元 」 → 槐棘かいきよく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

槐門
かいもん

中国、周代に天子を補佐した三公(太子、大傅(たいふ)、太保(たいほう))の別称。朝廷に3本の槐(かい)(エンジュ)を植えて、三公のつく位置を定めた、とある『周礼(しゅらい)』の故事による名で、槐位、槐庭、三槐などともいい、九卿(きゅうけい)(少師、少傅、少保など)が9本の棘(きょく)(イバラ)に面して座居を占めたこととあわせて、槐(かい)棘といって三公九卿(大臣)を総称する。日本では、太政(だいじょう)大臣、左大臣、右大臣を三公にあてたことから、大臣の唐名として用いる。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

槐門の関連キーワード金槐和歌集根岸典則三槐抄山槐記棘路台記保元槐記

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android