コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三江(さんこう)線

2件 の用語解説(三江(さんこう)線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

三江(さんこう)線

JR西日本が運行する鉄道路線。島根県江津市の江津駅から広島県三次市の三次駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三江線
さんこうせん

島根県中央部から広島県北部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。江津(ごうつ)(島根県)―三次(みよし)(広島県)間108.1キロメートル、全線単線、非電化。江の川(ごうのかわ)の河谷に沿って走り、三次盆地と江津を結び、芸備(げいび)線、福塩(ふくえん)線と結んで陰陽連絡鉄道の一部をなしている。沿線には大きな都市はない。石見(いわみ)江津(現、江津)―浜原間は1930~1937年(昭和5~12)に開業、1955年(昭和30)より三江北線とよばれた。三次―口羽(くちば)間は1963年三江南線として開業し、1975年、浜原―口羽間の開業によって全通して三江線となった。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三江(さんこう)線の言及

【江の川】より

…舟運は沿岸の〈たたら〉や石見銀山の衰退に伴って明治末期から徐々に少なくなり,大正以降は発電用の鳴瀬堰堤(なるせえんてい)の築造(1919),道路改修と自動車通行,三江北線の開通(1937)によって完全に消滅していった。しかし,舟運に代わるはずであった三江線の全線開通は1975年8月まで待たなければならず,またこの間に1973年の豪雪や1972年の水害なども災いして流域の過疎化が進んだ。【藤原 健蔵】。…

※「三江(さんこう)線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三江(さんこう)線の関連キーワード島根県江津市浅利町島根県江津市井沢町島根県江津市金田町島根県江津市江津町島根県江津市清見町島根県江津市千田町島根県江津市都治町島根県江津市波子町島根県江津市和木町島根県江津市渡津町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone