コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三江(さんこう)線

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三江線
さんこうせん

島根県中央部から広島県北部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。江津(ごうつ)(島根県)―三次(みよし)(広島県)間108.1キロメートル、全線単線、非電化。江の川(ごうのかわ)の河谷に沿って走り、三次盆地と江津を結び、芸備(げいび)線、福塩(ふくえん)線と結んで陰陽連絡鉄道の一部をなしている。沿線には大きな都市はない。石見(いわみ)江津(現、江津)―浜原間は1930~1937年(昭和5~12)に開業、1955年(昭和30)より三江北線とよばれた。三次―口羽(くちば)間は1963年三江南線として開業し、1975年、浜原―口羽間の開業によって全通して三江線となった。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三江(さんこう)線の言及

【江の川】より

…舟運は沿岸の〈たたら〉や石見銀山の衰退に伴って明治末期から徐々に少なくなり,大正以降は発電用の鳴瀬堰堤(なるせえんてい)の築造(1919),道路改修と自動車通行,三江北線の開通(1937)によって完全に消滅していった。しかし,舟運に代わるはずであった三江線の全線開通は1975年8月まで待たなければならず,またこの間に1973年の豪雪や1972年の水害なども災いして流域の過疎化が進んだ。【藤原 健蔵】。…

※「三江(さんこう)線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三江(さんこう)線の関連キーワード美郷(町)(島根県)湯抱[温泉]江津[市]江津(市)JR西日本大和[村]作木[村]邑南[町]高宮[町]美郷[町]邑南町江津市三次市川本町美郷町羽須美千丈渓大和作木高宮

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三江(さんこう)線の関連情報