三浦光雄(読み)みうら みつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦光雄 みうら-みつお

1902-1956 昭和時代の映画カメラマン。
明治35年10月25日生まれ。松竹蒲田(かまた),のち東宝などで活躍。おもに五所平之助監督とくみ「今ひとたびの」「煙突の見える場所」を撮影,ほかに豊田四郎監督「夫婦善哉(めおとぜんざい)」などの作品がある。新人カメラマンを対象に三浦光雄賞が制定された。昭和31年10月24日死去。53歳。宮城県出身。東京商工卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android