コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田和代 みた かずよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三田和代 みた-かずよ

1942- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和17年11月20日生まれ。三田誠広(まさひろ)の姉。昭和38年俳優座養成所入所。41年日生劇場の「アンドロマック」に代役で出演して注目され,劇団四季に所属して活躍。60年フリーとなり,「おやすみ,母さん」「小林一茶」などの舞台や「たんぽぽ」などの映画に出演,テレビでも活躍している。平成13年「夜への長い旅路」で読売演劇大賞最優秀女優賞。大阪出身。関西学院大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

三田 和代


芸名
三田 和代

性別
女性

生年月日
1942/11/20

血液型
A

出身地
大阪府

デビュー年
1965

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
俳優座養成所卒業後、1966年、劇団四季入団。同年、『アンドロマック』で主役に抜擢され舞台デビュー。1984年の劇団四季退団後も多くの舞台・テレビ・映画で活躍。いずれも高い評価を受けている。主な舞台出演作品に、『糸女』『日本の面影』『夜への長い旅路』など。井上ひさし作品にも多数出演。芸術選奨文部大臣賞、紀伊国屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞最優秀女優賞、紫綬褒章など受賞歴多数。

デビュー作
舞台『アンドロマック』

代表作品
舞台『アンドロマック』(1966) / 舞台『ナイトマザー』 / 舞台『日本の面影』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

三田和代の関連キーワードおはようさん

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android