コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三省堂[株] さんせいどう

百科事典マイペディアの解説

三省堂[株]【さんせいどう】

1881年亀井忠一が創業した古本屋が初め。1888年《ウヱブスター氏新刊大辞書和訳字彙》発行後は辞典出版に力を注ぎ,日本最初の総合百科事典《日本百科大辞典》を企画,刊行しはじめるが,途絶,倒産した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんせいどう【三省堂[株]】

1881年に亀井忠一(1856‐1936)が東京,神田神保町で創業した出版社。当初,古書店として出発したが,83年に桃林堂,開新堂,十字屋とともに同盟四書房(合版(あいはん))を組織し,《ウヰルソン氏第一リードル 独(ひとり)案内》を処女出版し,ついで84年《英和袖珍字彙(しゆうちんじい)》を刊行,書籍出版に進出した。88年に合版をやめ,単独で出版するようになった。同年《ウヱブスター氏新刊大辞書和訳字彙》を刊行,これが大成功をおさめ〈辞書の三省堂〉の礎となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三省堂[株]の言及

【百科事典】より

…こうしたさまざまな試行を経て,本格的な百科事典が現れることになった。三省堂《日本百科大辞典》がそれで,1902年,大隈重信を総裁に,斎藤清輔を編集長として編纂が開始されたこの事業は,08年に第1巻を刊行したが,多くの困難に遭い,経済的にも行き詰まって,12年に三省堂が破産するに至った。しかし,この事業の挫折は大日本帝国の文化的な力の威信にかかわるという声もあがり,再建が計画され,19年に当初全6巻の計画が全10巻となって完成した。…

※「三省堂[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三省堂[株]の関連キーワードアレクサンドル体操競技都市気候ブラジル文学おもなお雇い外国人ジェームズAガーフィールド日本鉄道ウォーナーオイレンブルククルーガー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android