三等車(読み)サントウシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

さんとう‐しゃ【三等車】

〘名〙 鉄道の客車等級の一つ。一般用客車が三等級制だった時代の最下等の車両。車体両側中央に赤帯で標示。国鉄(現JR)では昭和三五年(一九六〇)に二等級までとしたため二等車となり、さらに同四四年等級制廃止により普通車となる。三等汽車。三等。
※湯ケ原ゆき(1907)〈国木田独歩〉七「先づ二台の三等車(トウシャ)、次に二等車が一台」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三等車の関連情報