三老女(読み)さんろうじょ

精選版 日本国語大辞典「三老女」の解説

さん‐ろうじょ ‥ラウヂョ【三老女】

能で、習い物として重要視されている、老女を主人公とする三つの曲。「檜垣(ひがき)」「姥捨(おばすて)」「関寺小町(せきでらこまち)」の三曲。また、これを小野小町を主人公とする小町物から選んで「関寺小町」「鸚鵡小町(おうむこまち)」「卒塔婆小町(そとばこまち)」の三曲とすることもある。
※檜垣型付(1665)「此能は三老女の中にても一大事に致義也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android