コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一大事 いちだいじ

3件 の用語解説(一大事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一大事
いちだいじ

仏教用語。『法華経』に初めてみえる言葉。仏陀が世に現れる目的,すなわちあらゆる事象の真実のありさまを示すこと。禅宗では「参学の一大事」と使い,「絶対の修行」の意味に使っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いち‐だいじ【一大事】

放置できない重大な出来事。容易でない事態。「お家の一大事
仏語。仏が衆生救済のためこの世に出現するという重大事。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちだいじ【一大事】

重大な事件。容易ならざるでき事。 「 -が起こる」
〘仏〙
仏が衆生しゆじよう救済のため、この世に現れるという大事。
最も大切なこと。悟りを得ること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一大事の関連キーワードW主・重軽度世を背く軽砲痩身傾向児重内重住重ね作り/重ね造り

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一大事の関連情報