コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一大事 いちだいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一大事
いちだいじ

仏教用語。『法華経』に初めてみえる言葉。仏陀が世に現れる目的,すなわちあらゆる事象の真実のありさまを示すこと。禅宗では「参学の一大事」と使い,「絶対の修行」の意味に使っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐だいじ【一大事】

放置できない重大な出来事。容易でない事態。「お家の一大事
仏語。仏が衆生救済のためこの世に出現するという重大事

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちだいじ【一大事】

重大な事件。容易ならざるでき事。 「 -が起こる」
〘仏〙
仏が衆生しゆじよう救済のため、この世に現れるという大事。
最も大切なこと。悟りを得ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一大事の関連キーワードエドモンド・P. ヒラリー沖縄海洋博覧会記念公園取り掛ける・取掛ける茶道(ちゃどう)世帯仏法腹念仏オーバーホールいざという時残圧チェック平瀬作五郎お軽/勘平グネージチ久木独石馬ロシア音楽伊藤 きん三塔の僉議村田珠光デルフィ沢島正継すわこそいざ鎌倉

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一大事の関連情報