一大事(読み)いちだいじ

大辞林 第三版の解説

いちだいじ【一大事】

重大な事件。容易ならざるでき事。 「 -が起こる」
〘仏〙
仏が衆生しゆじよう救済のため、この世に現れるという大事。
最も大切なこと。悟りを得ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐だいじ【一大事】

〘名〙
① 仏語。仏がこの世に出なければならなくなった、根本の事情。仏の悟りの開かれる因縁。転じて、悟りを開くきっかけ。→一大事因縁
正法眼蔵(1231‐53)弁道話「いまこの如来一大事の、正法眼蔵無上の大法を、禅宗となづくるゆゑに」
※日蓮遺文‐南条兵衛七郎殿御返事(1281)「教主釈尊の一大事の秘法を」
② 一つのたいせつな事柄。また、容易ならないできごと。大事件。大変。
※保元(1220頃か)下「人の身には一期の終りをもって一大事とせり」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「捕へられては、一大事(イチダイジ)と」 〔蘇軾‐趙閲道高斎詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一大事の関連情報