コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三谷宗鎮 みたに・そうちん

1件 の用語解説(三谷宗鎮の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

三谷宗鎮

没年:寛保1.5.12(1741.6.24)
生年:寛文5(1665)
江戸中期の儒者,茶匠。茶道三谷流の祖。名は義方。良朴,丹下,南川斎などと号した。播州明石の人。京都に出て儒学を伊藤東涯に,茶を表千家6代宗左(覚々斎,原叟)に学ぶ。上野宗吟,服部道円,鈴木宗閑と共に原叟四天王と称された。茶の湯をもって芸州浅野家に招かれるが,茶頭役たることを嫌い,儒者格200石で仕官した。主として京都油小路竹屋町に住み,茶を教授した。著作に中国・日本の茶の歴史や茶道具などを記した『和漢茶誌』(1728)などがある。代々宗鎮を称して,5代宗鎮(不朽斎)まで茶頭役として芸州浅野家に仕えた。

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三谷宗鎮の関連キーワード堀内仙鶴又玄齋瀧無量不住齋片桐宗猿安慶谷流竹内長水三谷永恕三谷等哲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone