コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三谷等哲 みたに とうてつ

2件 の用語解説(三谷等哲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三谷等哲 みたに-とうてつ

?-1630 江戸時代前期の画家。
安芸(あき)広島藩主福島正則(まさのり)の家臣。雲谷派の絵をまなぶ。主家の改易(かいえき)により浪人,子の等悦をともなって筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)に移住した。寛永7年5月23日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三谷等哲

没年:寛永7.5.23(1630.7.3)
生年:生年不詳
江戸初期の画家。広島藩主福島正則の家臣の三谷七郎左衛門隆経の子。父と同じく正則に仕えたが,主家の蟄居転封で浪人となり,一子等悦を連れて久留米藩(福岡県)に赴いたと伝えられる。画事を雲谷等屋に学んだと推測され,雪舟流,雲谷流の絵をよくした。

(川本桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

三谷等哲の関連キーワード藤堂高虎マリ台風12号豪雨マリ台風12号被害学童クラブ(放課後児童クラブ、学童保育)織田信雄オリンダ弘文館准如

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone