コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三谷等哲 みたに とうてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三谷等哲 みたに-とうてつ

?-1630 江戸時代前期の画家。
安芸(あき)広島藩主福島正則(まさのり)の家臣雲谷派の絵をまなぶ。主家改易(かいえき)により浪人,子の等悦をともなって筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)に移住した。寛永7年5月23日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三谷等哲

没年:寛永7.5.23(1630.7.3)
生年:生年不詳
江戸初期の画家。広島藩主福島正則の家臣の三谷七郎左衛門隆経の子。父と同じく正則に仕えたが,主家の蟄居転封で浪人となり,一子等悦を連れて久留米藩(福岡県)に赴いたと伝えられる。画事を雲谷等屋に学んだと推測され,雪舟流,雲谷流の絵をよくした。

(川本桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

三谷等哲の関連キーワード三谷等悦没年安芸

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android