コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪友衛門 みわ ともえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪友衛門 みわ-ともえもん

?-1868* 幕末の武士。
常陸(ひたち)水戸藩士。弘道館歌道掛,奥右筆頭取をつとめた。文久3年藩主徳川慶篤(よしあつ)に随行,京都に滞在して松平昭訓(あきくに)の守役となる。慶応3年12月徳川慶喜(よしのぶ)の退京に際して二条城警備の任につき,同月30日病死。本姓は鈴木。名は信善。歌集に「桜百首」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三輪友衛門の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフガントレットクローデル児玉幸助ジェニングニコライ(2世)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android