コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪翠羽 みわ すいう

1件 の用語解説(三輪翠羽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪翠羽 みわ-すいう

1767-1846 江戸時代後期の俳人。
明和4年生まれ。出羽(でわ)久保田(秋田県)の人。叔父の俳人吉川五明(きっかわ-ごめい)に養育された。能代の儒者三輪宇門の妻となり,寺子屋女子教育につくす。権(ごんの)少納言あだ名があった。編著に五明追善集「小夜しぐれ」など。弘化(こうか)3年1月16日死去。80歳。本姓は那波。名はひさ。別号に揚鏡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三輪翠羽の関連キーワード夜来石出烏旭逸山空二壺半松兄双竹大練舎長隠(1)不染

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone