コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重なばな

デジタル大辞泉プラスの解説

三重なばな

三重県桑名市で生産される葉物野菜。食用ナバナ。江戸時代から菜種油の材料として栽培されていたが、昭和30年代に食用としての栽培が広まった。かつては「摘み菜」「なたね」などと呼ばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

三重なばな[葉茎菜類]
みえなばな

東海地方、三重県の地域ブランド。
主に桑名市・松阪市など県内各地で生産されている。昭和30年代に桑名市長島町で栽培され、市場出荷にあたり、なばなと命名された。現在は、三重なばなとして全国に流通している。1月中旬から3月にかけ、洋種菜種の新芽や若い葉茎を食用として出荷。三重県は、なばなの栽培面積が全国トップクラスである。みえの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

三重なばなの関連キーワード三重県桑名市東海地方

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android