コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重なばな

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

三重なばな[葉茎菜類]
みえなばな

東海地方、三重県の地域ブランド。
主に桑名市・松阪市など県内各地で生産されている。昭和30年代に桑名市長島町で栽培され、市場出荷にあたり、なばなと命名された。現在は、三重なばなとして全国に流通している。1月中旬から3月にかけ、洋種菜種の新芽や若い葉茎を食用として出荷。三重県は、なばなの栽培面積が全国トップクラスである。みえの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重なばなの関連情報