コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裳階 もこし

5件 の用語解説(裳階の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裳階
もこし

雨打 (ゆた) ,雪打 (ゆた) ともいう。建物の柱頭のあたりから廂 (ひさし) を四方に取付けた部分をいう。建物の高さを高くせず内部空間を広げるためのものであろう。屋根が2重になるので2階建てと誤られるが,構造的には柱が2重にならず,外観的には開口部が1重しかないので判定できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

も‐こし【×階/×層】

仏堂・仏塔などの軒下壁面に取り付けた庇(ひさし)状の構造物。法隆寺金堂や五重塔の初層、薬師寺三重塔の各層などにみられる。雨打(ゆた)。裳階(しょうかい)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

裳階【もこし】

物の本屋の周囲を取り巻いて付けられる廂(ひさし)の部分,またそれをおおうさしかけ。薬師寺三重塔は裳階が各層にあるので五重あるいは六重の塔にみえる。裳層とも記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裳階
もこし

寺院建築で建物外部の軒下に回した庇(ひさし)で、本屋の軸部を裳裾(もすそ)のように隠すことからこの名がある。裳層とも書く。外見的には重層建築と類似するが、四方差し掛けなので構造的にはまったく異なる。最古の例には飛鳥(あすか)時代の法隆寺金堂の初重にあり、奈良時代の薬師寺東塔(三重塔)では各重に裳階がついて六層にみえる。本屋に比べ構造・形式を簡略にするのが普通で、太い丸柱の軸部を覆って細い角柱とすることなどで、建物の外観を繊細にみせる効果があり、禅宗様の仏殿や法堂でも多用された。また、中世・近世には裳階を雪板の意で雪打(ゆた)(雨打(ゆた)とも書く)とよび、その様式を雪打造(づくり)と称した。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の裳階の言及

【社寺建築構造】より

… 母屋と庇は一連の屋根で覆われることが多いが,境界に段差をつけたものや,庇屋根を一段低くして別につくるものもある。また法隆寺金堂や薬師寺東塔のように,庇の外側にさらに建物を囲むように一段低い屋根を設けるものがあり,これを裳階(もこし)と呼ぶ。庇の屋根を一段低くしたり,裳階を設けたものは,外観は二重屋根となるが,内部は一階であって,二階造ではない。…

※「裳階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裳階の関連情報