法起寺(読み)ほっきじ

デジタル大辞泉の解説

ほうき‐じ〔ホフキ‐〕【法起寺】

ほっきじ(法起寺)

ほっき‐じ【法起寺】

奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳宗の寺。山背大兄王(やましろのおおえのおう)が、聖徳太子岡本宮を寺としたもの。法隆寺式の伽藍配置で、三重の塔は国宝。平成5年(1993)「法隆寺地域の仏教建造物」として世界遺産(文化遺産)に登録された。岡本寺。池後(いけじり)寺。池後尼寺。ほうきじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法起寺【ほっきじ】

奈良県斑鳩(いかるが)町岡本にある聖徳宗の寺で,岡本寺,池後(いけじり)寺とも。聖徳太子の建立と伝える。国宝の三重塔は706年完成とされ,平面の寸法や組物など法隆寺の五重塔と類似点が多く,飛鳥様式を伝えるものとして貴重。塔と金堂を東西に置く,いわゆる法起寺式伽藍(がらん)配置をとっていた。ほかに飛鳥時代の銅造菩薩立像がある。1960年―1961年,および1968年に発掘調査。
→関連項目斑鳩[町]三重塔法隆寺地域の仏教建造物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっきじ【法起寺】

奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳宗の寺。山号は岡本山。法隆寺の北東方,岡本集落の南部にあり,地名により岡本寺,池畔にあるので池後(いけじり)寺(池尻寺)とも称された。《上宮聖徳法王帝説》などによると,聖徳太子建立七ヵ寺の一つと伝え,606年(推古14)に太子が《法華経》を講説した岡本宮を,遺言により山背大兄王が寺に改めたという。その後638年(舒明10)に福亮僧正が金堂と弥勒像を造り,685年(天武14)に恵施僧正が堂塔の建立を発願し,706年(慶雲3)三重塔の露盤が完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほっきじ【法起寺】

奈良県斑鳩いかるが町岡本にある聖徳宗の本山。別名、岡本寺・池後いけじり寺。聖徳太子の岡本宮跡に建立。三重塔が残る。伽藍配置は法起寺式といわれ飛鳥時代の代表的様式。ほうきじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうき‐じ ホフキ‥【法起寺】

奈良県生駒郡斑鳩町岡本にある聖徳宗の本山。聖徳太子の岡本宮を寺にしたと伝える。開基は山背大兄王。飛鳥建築の三重塔は現存最古。慶雲三年(七〇六)石銘で高さ二四メートル。国宝。ほっきじ。岡本寺。池後(いけじり)寺。

ほっき‐じ【法起寺】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法起寺の関連情報