コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法起寺 ほっきじ

6件 の用語解説(法起寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法起寺
ほっきじ

奈良県北西部斑鳩 (いかるが) 町にある法相宗の寺。「ほうきじ」,岡本寺ともいう。聖徳太子の遺命で,その子山背大兄王が岡本宮を改めて創建したもの。三重塔は飛鳥建築では日本最大で,国宝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうき‐じ〔ホフキ‐〕【法起寺】

ほっきじ(法起寺)

ほっき‐じ【法起寺】

奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳宗の寺。山背大兄王(やましろのおおえのおう)が、聖徳太子の岡本宮を寺としたもの。法隆寺式の伽藍配置で、三重の塔は国宝。平成5年(1993)「法隆寺地域の仏教建造物」として世界遺産文化遺産)に登録された。岡本寺。池後(いけじり)寺。池後尼寺。ほうきじ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法起寺【ほっきじ】

奈良県斑鳩(いかるが)町岡本にある聖徳宗の寺で,岡本寺,池後(いけじり)寺とも。聖徳太子の建立と伝える。国宝の三重塔は706年完成とされ,平面の寸法や組物など法隆寺五重塔と類似点が多く,飛鳥様式を伝えるものとして貴重。
→関連項目斑鳩[町]三重塔法隆寺地域の仏教建造物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほっきじ【法起寺】

奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳宗の寺。山号は岡本山。法隆寺の北東方,岡本集落の南部にあり,地名により岡本寺,池畔にあるので池後(いけじり)寺(池尻寺)とも称された。《上宮聖徳法王帝説》などによると,聖徳太子建立七ヵ寺の一つと伝え,606年(推古14)に太子が《法華経》を講説した岡本宮を,遺言により山背大兄王が寺に改めたという。その後638年(舒明10)に福亮僧正が金堂と弥勒像を造り,685年(天武14)に恵施僧正が堂塔の建立を発願し,706年(慶雲3)三重塔の露盤が完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほっきじ【法起寺】

奈良県斑鳩いかるが町岡本にある聖徳宗の本山。別名、岡本寺・池後いけじり寺。聖徳太子の岡本宮跡に建立。三重塔が残る。伽藍配置は法起寺式といわれ飛鳥時代の代表的様式。ほうきじ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法起寺の関連キーワード奈良県生駒郡斑鳩町阿波奈良県生駒郡斑鳩町岡本奈良県生駒郡斑鳩町興留奈良県生駒郡斑鳩町小吉田奈良県生駒郡斑鳩町たか安奈良県生駒郡斑鳩町龍田奈良県生駒郡斑鳩町龍田南奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北奈良県生駒郡斑鳩町三井奈良県生駒郡斑鳩町目安

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法起寺の関連情報