コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三須成懋 みす せいも

2件 の用語解説(三須成懋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三須成懋 みす-せいも

1838-1903 幕末-明治時代の武士,実業家。
天保(てんぽう)9年生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。節倹局の創設でその掛をつとめる。維新後は奈良県,群馬県の大参事。明治6年帰郷して義成堂(のち義済堂)を創立し,綿工業などをおこして旧藩士の自活の道をひらいた。明治36年4月17日死去。66歳。本姓は足助(あすけ)。字(あざな)は仲敬。号は紫崖。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三須成懋

没年:明治36.4.17(1903)
生年:天保9(1838)
明治期の実業家。岩国藩士足助重雍の次男,天保12(1841)年に三須教方の養子となる。慶応3(1867)年に藩の節倹掛となって殖産興業に力を注ぎ,維新後,明治6(1873)年に義成堂を創設して士族授産をはかった。2年後に義成堂を解散して義斉堂を新設し,会頭となって綿織物を中心とする工場を経営した。その後,義斉堂は絹織物業にも進出し,地域産業として発展した。著書に『切磋録』がある。士族授産から出発し,義斉堂の企業転換に成功して岩国地域を発展させた功績は大きい。<参考文献>『岩国市史』

(小川国治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三須成懋の関連キーワード足助重範有坂成章足助重氏足助重信岩崎俊弥大塚慊三郎高橋是福都野巽藤田徳次郎曲田成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone