コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足助 あすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足助
あすけ

愛知県北部,豊田市中央部の旧町域。美濃三河高原にある。 1890年町制。 1955年に賀茂村,盛岡村,阿摺村と合体。 2005年豊田市に編入。江戸時代には名古屋から信州飯田に通じる飯田街道と岡崎から足助にいたる足助街道との結節点として発展。信州中馬や三州中馬の往来が激しく,町の中心には塩問屋,馬宿が多かった。特に塩は名古屋,岡崎方面から運ばれ,いったんこの地で包装し直して足助塩の名で信州へ送られた。 1887年頃には年間1万 7000俵の塩が通過したといわれる。その後,中央本線の開通により中継商業地の役割は失われた。米作を中心に,果樹栽培や野菜園芸,畜産などが行なわれる。木材の産地でもある。香嵐渓,神越渓谷,東海道自然歩道があり,1970年愛知高原国定公園に指定。香積寺,足助八幡宮,平勝寺など史跡も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足助
あすけ

愛知県中北部、東加茂(ひがしかも)郡にあった旧町名(足助町(ちょう))。現在は豊田(とよた)市の中東部を占める一地区。1890年(明治23)町制を敷いたのは、塩の道飯田(いいだ)街道の重要宿場町であったからである。1955年(昭和30)足助町は阿摺(あずり)、賀茂、盛岡(もりおか)の3村と合併。2005年(平成17)豊田市に編入。中心集落は巴(ともえ)川沿いにあるが、大部分は三河高原にある林業集落である。国道153号、420号が通じる。名刹(めいさつ)香積寺(こうじゃくじ)やもみじ(紅葉)の名所香嵐渓(こうらんけい)は東海一といわれる観光拠点。飯盛(いいもり)山は鎌倉時代の足助重範(しげのり)の居城、足助神社に重範を祀(まつ)る。また、真弓山には戦国時代末期の山城跡があり、1993年(平成5)足助城が復元された。山中の綾渡(あやど)には国の重要文化財の木造観音菩薩坐像(ぼさつざぞう)のある平勝寺(へいしょうじ)があり、国指定重要無形民俗文化財「綾渡夜念仏(よねんぶつ)と盆踊」が保存され、いまも継承されている。巴川の河畔の白鷺(しらさぎ)温泉はアユが名物。足助宿の町並みは古い宿場の名残(なごり)をとどめ、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。[伊藤郷平]
『『足助町誌資料1~4』(1967~1970・足助町) ▽『足助町誌』(1975・足助町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

足助の関連キーワード愛知県豊田市足助町伝統的建造物豊田市の人口愛知県豊田市松平氏遺跡足助〈町〉三河森下紙足助 素一豊田(市)足助[町]鈴木善三郎本多忠周元弘の変加茂一揆三須成懋相馬御厨鈴木正三岡本兵松足助重信足助御影

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足助の関連情報