三頭/三図(読み)サンズ

精選版 日本国語大辞典の解説

みつ‐がしら【三頭】

〘名〙
① 刀の切っ先。
※謡曲・烏帽子折(1480頃)「三つ頭より火を出だして、鎬(しのぎ)を削って戦ひしが」
牛馬の背の百会(ひゃくえ)のうしろで、尻の方の骨の盛り上がって高くなった所。さんず。
浄瑠璃・富士の巻狩(1655‐58頃)初「おづつを手綱にむんずと取、らくてんつたゑし、みつがしら、命かぎりと乗ったりけり」
③ 能楽の囃子(はやし)の鼓の手組の名。曲の段落の終曲部に打つもの。
④ 舞の手の名。
※浄瑠璃・高館(1625)一「しをり、みつかしら、かものいれくひ、といふところを、一ふしさっとまひおさめ」
※仮名草子・尤双紙(1632)下「物のかしらの品々〈略〉二つ頭。三つ頭。此外頭の数つくしがたし」
※俳諧・新続犬筑波集(1660)一一「ついたちや年と月日のみつかしら〈忠清〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android