コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百会 ヒャクエ

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐え〔‐ヱ〕【百会】

頭の頂上。脳天。100の経絡の出合う所として、鍼灸で最も重視される。
「背後(うしろ)から、一條が―の下へ二寸程切り附けた」〈鴎外大塩平八郎
馬の背の後方の高い所。〈日葡
《中心となるものの意から》仏陀。
「―いまだ瞻部(せんぶ)に誕ぜざりし時は」〈性霊集・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくえ【百会】

頭の一番高い所。脳天。 「妙なるかなと誉て-を敲くもあり/読本・八犬伝 9
馬の背の後方の高い部分。 〔日葡〕
人の最上位に立つ人。特に、仏陀。 「 -未だ瞻部に誕ぜざりしときは/性霊集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百会の関連キーワード津田宗及(つだそうきゅう)阪谷 芳郎三頭・三図大森有斐阪谷芳郎夜会巻き有岡道瑞島田髷八潮路八犬伝冠下髻髪形唐輪道七月代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百会の関連情報