コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上がり/揚がり アガリ

2件 の用語解説(上がり/揚がりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あがり【上がり/揚がり】

[名]
位置・地位・値段などが高くなること。「物価の―が激しい」
売上高。収入額。または、収穫高。「家賃の―で暮らす」
でき上がること。できぐあい。仕上がり。「―がかんばしくない」「一丁―」
物事の終わり。「今日は五時で―にする」
双六(すごろく)で、駒が最終の所に進んで勝つこと。また、トランプやマージャンなどで、役ができて勝つこと。
上がり花」の略。
[接尾]
名詞や動詞の連用形に付いて、その状態が去った後の間もないこと、その名残があるさまを表す。「雨―」「病み―」
名詞に付いて、もとそういう身分や職業であったことを表す。「役人―」「教員―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

上がり

レースの終盤部分。「上がりハロン」といえばレースの終盤六〇〇m。終(しま)いとも。反対にレース序盤のことはテンといい、「テンのダッシュがいい」というように使う。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上がり/揚がりの関連キーワード上がり下がり顕要高貴高低昇騰上騰唐人笠利達諸式値上り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone