コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上がり/揚がり アガリ

デジタル大辞泉の解説

あがり【上がり/揚がり】

[名]
位置・地位・値段などが高くなること。「物価の―が激しい」
売上高。収入額。または、収穫高。「家賃の―で暮らす」
でき上がること。できぐあい。仕上がり。「―がかんばしくない」「一丁―」
物事の終わり。「今日は五時で―にする」
双六(すごろく)で、駒が最終の所に進んで勝つこと。また、トランプやマージャンなどで、役ができて勝つこと。
上がり花」の略。
[接尾]
名詞や動詞の連用形に付いて、その状態が去った後の間もないこと、その名残があるさまを表す。「雨―」「病み―」
名詞に付いて、もとそういう身分や職業であったことを表す。「役人―」「教員―」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

上がり

レースの終盤部分。「上がり三ハロン」といえばレースの終盤六〇〇m。終(しま)いとも。反対にレース序盤のことはテンといい、「テンのダッシュがいい」というように使う。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

上がり/揚がりの関連キーワード餅搗き相場・餠搗き相場強含み(つよぶくみ)プルマンブレッド肩下がり・肩下り床上がり・床上り足取り表・足取表肩上がり・肩上り遅上がり・遅上りボディーソープジャンピングカウブランド上がり下がりヘッドアップボルテージ仕立て上りロドリゲス御物上がり8の字結び右肩上がり上がり下り

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android