売上(読み)うりあげ

精選版 日本国語大辞典「売上」の解説

うり‐あげ【売上】

〘名〙
① 売りつくすこと。
② 品物などを売って得た金。また、その金額。売上金
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「帰国の上で売揚(ウリアゲ)の相場できめやせう」
③ ②の額を記した勘定書。領収書。受取。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)四「素人から出た道具なれば、念の為じゃ売上書ふ」

うり‐あ・げる【売上】

〘他ガ下一〙 うりあ・ぐ 〘他ガ下二〙
① 商品などを売りつくす。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 売り終わって、代金を収める。
※魚服記(1933)〈太宰治〉二「一日五十銭と売りあげることがなかったのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android