コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上場台地 うわばだいち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上場台地
うわばだいち

佐賀県北西部、東松浦(ひがしまつうら)半島に広がる玄武岩類の丘陵性台地。標高約100~200メートル。唐津(からつ)市西部および東松浦郡、玄海(げんかい)町方面に広がる台地で、水利が悪く溜池(ためいけ)が多い。県下でも雨が少なく、一般に畑作が卓越する。スイカ、タバコ、ニンニク、ミカンなどの商品作物や、肉用牛飼育、酪農などの導入をみたが、従来、人口流出や出稼ぎが目だった。しかし、値賀(ちか)崎の玄海原子力発電所の設置や、名護屋(なごや)大橋、外津(ほかわづ)橋の完成などに伴って、交通体系の整備が進められ、国と県の上場土地改良事業も本格化する。県立高校も二つ新設され(2005年に統合)、高校進学率が上昇した。台地末端の溺(おぼ)れ谷には漁港が点在し、松浦(まつら)党水軍、名護屋城の史話や、玄海国定公園の景勝に富む。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上場台地の言及

【佐賀[県]】より

…地形的には東松浦半島を中心に,その東の唐津湾に注ぐ松浦川,玉島川の水系,西の伊万里湾に注ぐ有田川水系などからなり,各河川下流域の小平野以外は大部分が山地,丘陵,台地からなる。壱岐水道に突き出す東松浦半島には,上場(うわば)台地と称する玄武岩類の丘陵性溶岩台地が広がり,溜池と,葉タバコなどの畑作やミカンなどの樹園地,肉用牛飼育が目立つ地域である。上場台地付近は,冬は北西風が卓越するが,対馬暖流の影響で比較的温和で,肥前町高串(たかぐし)には亜熱帯性のアコウの自生北限地がみられる。…

【鎮西[町]】より

…玄界灘に面し,加唐(かから)島,馬渡(まだら)島,松島の3島を含む。町域は東松浦半島の上場(うわば)台地と呼ばれる緩やかな玄武岩性台地で占められ,河川の発達は乏しい。名護屋は古代から中世にかけて大陸渡航の要地として知られたが,1591年(天正19)から豊臣秀吉が朝鮮出兵の本拠地として名護屋城を築城,周辺には諸大名の陣屋が100以上設けられ,最盛期には10万人をこえる軍勢がいたといわれる。…

【東松浦半島】より

…壱岐水道に突き出し,東に唐津湾,西に伊万里湾が入り込む。一般に上場(うわば)台地とよばれる,標高200m以下の玄武岩の丘陵性台地が広がり,台地末端の臨海部はリアス海岸をなす。従来,台地は水利に恵まれず,いも類,タバコなどの畑作や,ミカンなどの果樹栽培が行われてきた。…

※「上場台地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上場台地の関連キーワード鎮西(佐賀県)玄海(町)唐津(市)玄海[町]佐賀(県)名護屋波戸岬玄海町肥前呼子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android