コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東松浦半島 ひがしまつうらはんとう

5件 の用語解説(東松浦半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東松浦半島
ひがしまつうらはんとう

佐賀県北西部,玄界灘に突出した半島。古くから壱岐,対馬を経て大陸との交通が盛んであった。海岸は出入りに富むリアス海岸で,呼子港,名護屋港,唐津港などの良港があり,いずれも漁業基地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東松浦半島【ひがしまつうらはんとう】

佐賀県北西部の半島。壱岐水道を隔てて壱岐と対する。海岸は出入に富み,唐津,呼子,名護屋などは良港で玄海漁業基地。上場(うわば)と呼ばれる台地上ではタバコ,ユリ,ニンニクなどを栽培。
→関連項目壱岐水道佐賀[県]鎮西[町]肥前[町]呼子[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしまつうらはんとう【東松浦半島】

佐賀県北西部の半島。壱岐水道に突き出し,東に唐津湾,西に伊万里湾入り込む。一般に上場(うわば)台地とよばれる,標高200m以下の玄武岩の丘陵性台地が広がり,台地末端の臨海部はリアス海岸をなす。従来,台地は水利に恵まれず,いも類,タバコなどの畑作や,ミカンなどの果樹栽培が行われてきた。水資源対策や土地改良事業が進められている。臨海部の浦々には,漁港やタイ,真珠などの養殖場が点在し,玄海町の値賀(ちか)崎には九州唯一の原子力発電所玄海原子力発電所が立地する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕東松浦半島(ひがしまつうらはんとう)


佐賀県北西部の半島。壱岐(いき)水道に突出し、東の唐津(からつ)湾と西の伊万里(いまり)湾を分ける。標高200m内外の上場(うわば)台地は玄武(げんぶ)岩からなる火山性台地。ミカン・葉タバコ・イモ類などを栽培。海岸部はリアス式海岸で入り江が多く、呼子(よぶこ)・名護屋(なごや)・唐津などは漁業基地でタイ・真珠などの養殖も盛ん。西岸の値賀(ちか)崎に玄海(げんか)原子力発電所がある。海食洞の七ツ釜(ななつがま)、高串(たかくし)アコウ(常緑高木)自生北限地帯は天然記念物名護屋城跡など史跡・景勝地が多く玄海国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東松浦半島
ひがしまつうらはんとう

九州北部、壱岐水道(いきすいどう)(玄界灘(げんかいなだ))に突き出した、佐賀県北西部の半島。北西突端の値賀崎(ちかざき)に玄海原子力発電所がある。東に唐津(からつ)湾を抱き、西には伊万里(いまり)湾が深く入り込む。半島南部の野高(のだか)山(260メートル)付近を除けばだいたい標高200メートル以下で、玄武岩の丘陵性台地をなす。俗に上場(うわば)台地と称し、従来水利に恵まれず、果樹のほか、いも類、葉タバコなどの畑作が目だったが、土地改良事業が進む。海岸は多くの入り江や岬、小半島の入り組むリアス式海岸で、漁港やタイ、真珠などの養殖場が立地する。古くは中世松浦(まつら)党の根拠地として知られた。沖に馬渡(まだら)島、加唐(かから)島ほか玄武岩の島々が浮かび、海岸一帯は玄海国定公園。対馬(つしま)暖流の洗う温和な風土をなし、高串(たかくし)アコウ自生北限地帯は、海食洞の七ツ釜(ななつがま)とともに国指定天然記念物。朝鮮半島に近く、特別史跡の名護屋(なごや)城跡などがある。国道204号が通じ、唐津東港―壱岐(印通寺(いんどうじ))港間にフェリーボートが通う。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東松浦半島の言及

【佐賀[県]】より

肥前国【狐塚 裕子】
[辺境性と先進性]
 県都佐賀市から東京までの鉄道距離は約1230kmにも及び,歴史的にも畿内,関東などの国の支配中心からみれば西の辺境に位置した。一方,県内の東松浦半島北端から壱岐,対馬を経て朝鮮半島南端の釜山に至る直線距離は200km程度で,朝鮮半島や中国大陸に近接した位置にあり,また長崎の出島にも近く,古くから外来文化との交渉は活発であり,その受容の面でも先進性を示してきた。たとえば,朝鮮式山城の基肄(きい)城や帯隈山神籠石(おぶくまやまこうごいし),おつぼ山神籠石などは,対外的な国土防衛の軍事施設とみられるし,中世の松浦(まつら)党はモンゴル襲来のとき,その防衛にあたっている。…

※「東松浦半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東松浦半島の関連キーワード壱岐水道加唐島北松浦半島玄界灘肥前馬渡島呼子[町]佐賀県東松浦郡玄海町肥前〈町〉呼子〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東松浦半島の関連情報