コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名護屋城 なごやじょう

6件 の用語解説(名護屋城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名護屋城
なごやじょう

天正 19 (1591) 年豊臣秀吉文禄・慶長の役の本陣として,加藤清正らに命じて佐賀県唐津市に築城したもの。城址が残り,陣跡とともに国の特別史跡に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

名護屋城【なごやじょう】

佐賀県鎮西町(現・唐津市)の勝男(かつお)山(標高約80m)に築かれた平山城で,玄界灘を北に望む景勝の地にある。1591年豊臣秀吉朝鮮出兵文禄・慶長の役)の基地として加藤清正らに命じて築城させたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なごやじょう【名護屋城】

佐賀県東松浦半島の鎮西町に遺跡をとどめる城。豊臣秀吉が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の基地として1591年(天正19)秋から築城。縄張り黒田孝高が,普請・作事は加藤清正黒田長政小西行長らの九州諸侯が分担した。勝雄岳山頂に本丸,東西に二の丸西の丸,北側山下に山里丸があって港に通じ,城の周辺には諸侯の陣城と町がつくられた。天守は大坂城と同じ規模であったが,秀吉の死後,それらの建物は各地の城に移築され,現在は石垣だけがのこっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なごやじょう【名護屋城】

佐賀県唐津市鎮西町にあった城。1591年豊臣秀吉が朝鮮出兵の基地として築く。石垣が現存。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

なごやじょう【名護屋城】

佐賀県唐津市鎮西町名護屋にあった平山城(ひらやまじろ)で、豊臣秀吉の文禄・慶長の役に際して築かれた。国の特別史跡に指定されている。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。名護屋(なごや)(古くは名久野)は海岸線沿いに細長く広がる松浦郡の北東部の小さな湾内に位置し、中世には松浦党の交易拠点の一つであった。もともとこの地には松浦党の旗頭波多氏の一族である名護屋氏の居城、垣添城跡があったが、豊臣秀吉が大陸への侵攻を企図した際、当地を前線基地として大がかりな築城を計画した。本丸には5層7階の天守が建てられ、周囲約3キロメートル内に百数十もの陣屋がおかれた。周囲には城下町が築かれ、最盛期には人口10万人を数えたとされる。1598年(慶長3)の秀吉の死後、遠征軍は撤退し城も廃城となった。石垣の上部やコーナー部分は、廃城の際に崩されたままの姿で今に至っている。JR唐津線唐津駅からタクシー30分。唐津市大手口バスセンターから昭和バス波戸岬行きで名護屋城博物館入口下車、徒歩5分。長崎自動車道多久ICから車で60分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名護屋城
なごやじょう

戦国末期の城。佐賀県唐津(からつ)市鎮西(ちんぜい)町名護屋にある。城は東松浦(まつうら)半島突端の台地に築かれており、もともとは中世に水軍として活躍した松浦(まつら)党の1人名護屋氏の本拠が置かれていた所であった。豊臣(とよとみ)秀吉は朝鮮出兵にあたって、朝鮮半島に最短距離にあるこの地に本陣を築くことを考え、1591年(天正19)から築城の工をおこし、翌92年(文禄1)に完成させている。加藤清正(きよまさ)、寺沢広高(てらさわひろたか)を普請奉行(ふしんぶぎょう)とし、縄張りは黒田孝高(よしたか)(如水(じょすい))が担当したもので、規模は東西約330メートル、周囲1.5キロメートルにも及ぶ広大な平城(ひらじろ)である。台地の頂上を本丸とし、二の丸、三の丸、山里丸、水の手曲輪(くるわ)などを備え、九州諸大名に手伝い普請を命じた。本丸には五層七階の天守閣が建てられ、往時の城の模様は1968年(昭和43)に世に出た「肥前名護屋城図屏風(びょうぶ)」(名護屋城博物館蔵)によって詳細にうかがうことができる。秀吉は1593年(文禄2)から1年余この城に在城しており、城の周囲には166か所の諸大名の陣営が散在し、全盛期には在陣軍勢は10万を超え、さながら城のある半島全体が要塞(ようさい)都市になっていたことを物語る。秀吉死後、遠征軍が帰国するとともに廃城となり建造物なども破却された。材は岸岳(きしだけ)城の材とともに、唐津城へ運ばれた。仙台城二の丸大手門はこの城から移築したものといわれているが、戦災で焼失してしまった。現在は石垣、堀、礎石などが残るのみである。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の名護屋城の言及

【名護屋】より

…台地上の岡集落と海岸の浜集落とに大別され,かんきつ類などの畑作が目立つ岡に対し,浜には県内有数の名護屋漁港がある。名護屋には松浦党の名古屋氏が代々城を構えていたが,豊臣秀吉が朝鮮出兵の前線基地として名護屋城を築き,周辺一帯に諸大名が在陣した。名護屋城跡ならびに陣跡は国の特別史跡。…

※「名護屋城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名護屋城の関連キーワード佐賀県唐津市鎮西町加倉佐賀県唐津市鎮西町串佐賀県唐津市鎮西町高野佐賀県唐津市鎮西町中野佐賀県唐津市鎮西町名護屋佐賀県唐津市鎮西町野元佐賀県唐津市鎮西町波戸佐賀県唐津市鎮西町早田佐賀県唐津市鎮西町丸田佐賀県唐津市鎮西町八床

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名護屋城の関連情報