コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄海国定公園 げんかいこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄海国定公園
げんかいこくていこうえん

福岡県佐賀県長崎県の 3県に広がる,玄界灘に面した自然公園。面積 101.58km2。1956年指定。1968年北松浦地域を追加指定。松原の公園ともいわれ,白砂青松が続く日本画的な美しさをもつ。日本三大松原の一つ虹ノ松原(国指定特別名勝)のほか,これに比肩する松原が 10ヵ所余もある。国指定天然記念物の屋形石の七ツ釜芥屋ノ大門など,玄武岩海食による名勝もあり,点在する島々とともに変化に富んだ景観を見せる。特に西部の仮屋湾から伊万里湾にいたる一帯は沈水海岸で,小湾入と,イロハ島,カズラ島などの小島群による多島海景観を示す。植生は全般的にクロマツが多く,一部では暖帯常緑広葉樹林が残され,また自生のサザンカも見られる。九州の北端にあり,古くから大陸との交通が開けたところで,神功皇后および豊臣秀吉の出兵,元寇など大陸との交渉史に関する史跡,遺跡,城址,社寺などが多い。東松浦半島北方の海域は玄海海域公園地区に指定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

玄海国定公園【げんかいこくていこうえん】

福岡・佐賀・長崎県の玄界灘沿岸を占める国定公園。面積105.61km2。1956年指定,1968年松浦地区追加。海岸部は北九州市脇田海岸から博多湾,唐津湾を経て東松浦半島の波戸(はど)岬まで約70kmにわたり,岬端には海食崖や海食洞,湾岸には松原が見られ,特に芥屋大門(けやのおおと),七ッ釜,虹ノ松原,生(いき)ノ松原,三里松原,海ノ中道などが有名。
→関連項目芦屋[町]糸島[市]糸島半島岡垣[町]玄海[町]佐賀[県]志摩[町]新宮[町]鎮西[町]津屋崎[町]二丈[町]東[区]東松浦半島福岡[市]福間[町]呼子[町]若松[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

げんかいこくていこうえん【玄海国定公園】

福岡県と佐賀県にまたがり、玄界灘に臨む海岸を中心とする国定公園。白砂青松の弧状海岸やリアス式海岸、海食洞などの景観美をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県(佐賀県・長崎県)〕玄海国定公園(げんかいこくていこうえん)


九州北部の国定公園。福岡・佐賀・長崎の3県にまたがり玄界灘(げんかいなだ)に面する。陸域面積1万158ha、海中公園5ヵ所計45.5ha。1956年(昭和31)指定。1968年に西部の松浦(まつうら)地区を追加。リアス式海岸・海食洞(かいしょくどう)・海食崖(がい)や松原など海岸景観に優れる。古くから大陸との中継地で、金印が出土した志賀(しかの)島や元寇(げんこう)にちなんだ史跡・社寺が多い。海食洞の芥屋大門(けやのおおと)、白砂青松の海ノ中道(うみのなかみち)・生ノ(いきの)松原・虹ノ(にじの)松原などが名高い。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄海国定公園
げんかいこくていこうえん

九州北部玄界灘(げんかいなだ)の海岸美を中心とした国定公園。1956年(昭和31)指定。1968年に西端の松浦(まつうら)地区を追加指定。面積101.58平方キロメートル。東は北九州市若松区の脇田(わいた)海岸から、西は伊万里(いまり)市の東松浦半島西岸および長崎県鷹(たか)島までの東西約100キロメートル、福岡、佐賀、長崎の3県にわたる。玄界灘の荒波に洗われた多数の島々、岩礁や沿岸の海食崖(かいしょくがい)、海食洞と、女性的な白砂青松の弧状砂浜からなり、屈曲に富む海岸線が最大の観光資源となっている。東から三里(さんり)松原、花見松原、海ノ中道(うみのなかみち)、生(いき)之松原、幣(にぎ)ノ松原、虹(にじ)ノ松原と連なる白砂青松の砂丘は海水浴場として多数の観光客を集め、糸島(いとしま)半島北西の芥屋ノ大門(けやのおおと)、呼子(よぶこ)の七ツ釜(がま)は玄武岩の柱状節理と海食洞で有名である。佐賀県鎮西(ちんぜい)町(現、唐津市)の波戸岬(はどのみさき)を中心に1970年に玄海海中公園が指定され(2010年に海域公園と改称)、魚類、サンゴ類のみられる水中展望塔がある。海岸美の展望地として沿岸に、松浦佐用姫(まつらさよひめ)の伝説で知られる鏡(かがみ)山(領巾振(ひれふり)山)、可也(かや)山、高祖(たかす)山、立花(たちばな)山などがある。大陸に近いために古くからの海外交渉の歴史を示す旧跡も多く、金印出土の志賀島(しかのしま)をはじめ、怡土(いと)城跡、元寇(げんこう)防塁跡、名護屋(なごや)城跡、付近には宗像(むなかた)大社、宮地嶽(みやじだけ)神社、香椎宮(かしいぐう)などもある。志賀島には国民休暇村、海ノ中道には海浜公園があり、北部九州のレクリエーション地となっている。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玄海国定公園の言及

【佐賀[県]】より

…半島東岸の唐津市には玄武岩の海食洞で知られる屋形石の七ッ釜(天),虹ノ松原(特名)など景勝地が多い。これらの半島沿岸と沖合の高島,神集(かしわ)島,小川島,加唐(かから)島など付近一帯は玄海国定公園をなす。住吉三神とこの地方の豪族をまつる唐津神社の秋祭〈唐津くんち〉の絢爛(けんらん)豪華な14台の曳山(やま)や,呼子(よぶこ)の大綱引,名護屋の盆綱ねりなど,玄海浦々の年中行事は開放的で多彩である。…

※「玄海国定公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玄海国定公園の関連キーワード福岡県遠賀郡岡垣町福岡県遠賀郡芦屋町津屋崎[町]休暇村志賀島リアス式海岸福岡県古賀市志摩[町]二丈[町]糸島[市]呼子〈町〉新宮[町]領巾振山三郡山地壱岐水道白砂青松地ノ島相ノ島海食洞加部島唐津湾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄海国定公園の関連情報