上山 珊瑚(読み)カミヤマ サンゴ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

上山 珊瑚
カミヤマ サンゴ


職業
女優

本名
三田 小枝子

生年月日
明治33年 9月23日

出身地
東京市 麹町区(東京都 千代田区)

学歴
プール女学院中退

経歴
大正7年上山草人らの近代劇協会「ヴェニスの商人」(有楽座)で初舞台、8年「リヤ王」(同)、畑中蓼坡の新劇協会「轢死」などに出演。9年横浜の大正活映に入り、谷崎潤一郎原作「アマチュア倶楽部」で映画デビュー。次いで泉鏡花原作「葛飾砂子」に岡田時彦と共演。10年短編喜劇「喜撰法師」に主演するが、同年退社。また同年有楽座の汐見蓊(のち汐見洋)らの研究座「項羽と劉邦」に出演し好評を得る。その後舞台からも離れた。

没年月日
昭和2年 9月8日 (1927年)

家族
姉=山川 浦路(=上山浦路 女優)

親族
義兄=上山 草人(俳優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android