コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田時彦 おかだときひこ

5件 の用語解説(岡田時彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田時彦
おかだときひこ

[生]1903.2.18. 東京
[没]1934.1.16.
映画俳優。本名高橋英一。大正から昭和にかけてモダン二枚目スターとして知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡田時彦【おかだときひこ】

映画俳優。本名高橋英一。東京生れ。1920年大正活映の俳優養成所に入り,同年《アマチュア倶楽部》でデビュー日活の《彼をめぐる五人の女》(1927年)等でモダンな二枚目の地位を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田時彦 おかだ-ときひこ

1903-1934 大正-昭和時代前期の映画俳優。
明治36年2月18日生まれ。岡田茉莉子(まりこ)の父。大正8年谷崎潤一郎のすすめで大正活映に入社。「アマチュア倶楽部(クラブ)」でデビュー。昭和4年松竹にうつる。小津安二郎監督の「東京の合唱」,溝口健二監督の「滝の白糸」などに出演した。昭和9年1月16日死去。32歳。東京出身。本名は高橋英一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おかだときひこ【岡田時彦】

1903‐34(明治36‐昭和9)
大正末期から昭和の初めにかけて,阿部豊,溝口健二,小津安二郎,清水宏らの作品に連続して主演し,鋭く繊細な近代的感覚をうたわれた二枚目スター。東京生れ。本名,高橋英一。映画界入りは谷崎潤一郎の推薦で,谷崎のシナリオアメリカ帰りのトーマス栗原監督の《アマチュア俱楽部》(1920),《蛇性の婬》(1921)に出演。1925年日活入社後は,《彼をめぐる五人の女》(1927)などモダンでスマートな阿部豊監督作品で,近代的な知性を漂わせながらアクションと心理表現を一致させる演技を見せる一方,《日本橋》(1929)などの溝口健二監督作品では下町情緒の描出にみごとに適合し,トップスターの座を獲得する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田時彦
おかだときひこ
(1903―1934)

映画俳優。本名高橋英一。東京生まれ。1920年(大正9)大正活映の俳優養成所に入り、『アマチュア倶楽部(くらぶ)』(1920)でデビューした。映画芸術協会、マキノ映画を経て日活へ入社、『紙人形春の囁(ささや)き』(1926)、『彼をめぐる五人の女』(1927)など名作に出演した。美しい風貌(ふうぼう)と繊細な感覚の持ち主で、二枚目スターとして一世を風靡(ふうび)した。のち松竹など各社で『東京の合唱』(1931)、『滝の白糸』(1933)などに出演したが、30歳で死去。女優岡田茉莉子(まりこ)の父である。[長崎 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡田時彦の言及

【阿部豊】より

…ハリウッド帰りの監督として,アメリカ的なモダニズムとソフィスティケーションを〈現代劇〉に吹きこみ,しゃれた都会的センスと,〈好色趣味〉と〈音楽的諧調(テンポとリズム)〉にあふれた喜劇《京子と倭文子》(1926。清水宏,伊藤大輔と競作),《足にさはった女》(1926),《彼を繞る五人の女》(1927)で一躍注目され,これらの作品によって岡田時彦を粋な二枚目スターにした。欧米帰りのシナリオ・ライター森岩雄を中心にした〈金曜会〉とともに〈日活現代劇〉のてこ入れに貢献。…

【東京の合唱】より

…脚本は野田高梧,撮影と編集は茂原英朗という常連スタッフ。子どもっぽい正義感から失職したサラリーマン(岡田時彦)が妻(八雲恵美子)と2人の子どもをかかえて苦労するさまを描いた。〈小市民映画〉の最初の成功作で,冒頭に田舎で過ごした中学時代の挿話を置き,その時の教師(斎藤達雄)が東京でカレーライス屋を開いていて,主人公一家の窮状を救うという構成は,同級生の交歓(このカレー屋で先生を囲んでクラス会が開かれる)という主題とともに,中期の小津作品が完成に近づいたことを示している。…

※「岡田時彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡田時彦の関連キーワード演歌師細石器モダンボーイ女優劇ペコロス花へんろ桐生[市]北原千鹿ノンキナトウサン平工喜一

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡田時彦の関連情報