コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上木甚兵衛 うわき じんべえ

2件 の用語解説(上木甚兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上木甚兵衛 うわき-じんべえ

1714?-1798 江戸時代中期の町人。
正徳(しょうとく)4年?生まれ。飛騨(ひだ)(岐阜県)大野郡高山町の人。安永2年の幕府の検地に反対する一揆(いっき)(大原騒動)の際,検地反対の請願状を添削したとして,伊豆(いず)新島(にいじま)に流される。看病のため新島にわたった次男の三島勘左衛門にみとられて,寛政10年8月19日死去。85歳?本姓は三島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上木甚兵衛

没年:寛政10.8.19(1798.9.28)
生年:正徳4?(1714)
江戸中期の義民。飛騨(岐阜県)大野郡一色村の三島家に生まれ,高山町上木家の婿となる。安永の大原騒動(1773)で幕府の検地政策に反対して,高山町の町人としてはただひとり伊豆新島に遠島の刑に処せられた。次男三島勘左衛門は父甚兵衛が病で倒れたと聞き,寛政3(1791)年新島に渡って看病に当たった。死後文政9(1826)年御赦となる。新島に「ひんだんじい」と呼ばれる墓が残っている。甚兵衛の在島24年間と勘左衛門在島10年間に故郷との間に交わされた書状百余通や勘左衛門新島滞在中の著作『新島追慕編』などの史料が残されている。<参考文献>大原騒動刊行会編『図説大原騒動』

(小椋喜一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上木甚兵衛の関連キーワード飛騨飛騨一宮水無神社石田秋雄内ケ島氏理加藤源十郎賢舟曾我竹山戸田柳造飛騨祖門飛騨高市麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone