コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上柳甫斎 かみやなぎ ほさい

1件 の用語解説(上柳甫斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上柳甫斎 かみやなぎ-ほさい

1591-1675 江戸時代前期の茶人。
天正(てんしょう)19年生まれ。京都の呉服商。徳川家康につかえ側向御用をつとめる。かたわら小堀遠州に茶道をまなび,県(あがた)宗知におしえた。延宝3年7月26日死去。85歳。通称は彦兵衛。別号に梅園堂,独月庵。著作に「遠宗拾遺」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上柳甫斎の関連キーワード日本のおもな城談林十百韻光の科学史表千家九戸政実太閤検地本願寺身分統制令企業年金高遊外売茶翁

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone