コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田公鼎 うえだ こうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田公鼎 うえだ-こうてい

1802-1841 江戸時代後期の医師。
享和2年生まれ。上田及淵(しきぶち)の養父。はじめ漢方,のち蘭方眼科をまなび,両者をとりいれた眼科療法を創案。その説は死後弟子の安田玉海によって「眼科一家言」としてまとめられた。天保(てんぽう)12年6月5日死去。40歳。肥後(熊本県)出身。名は体。号は椿年。著作に「上田家眼目篇」「眼科明鏡」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上田公鼎の関連キーワード天保の改革グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android