コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田咸之 うえだ かんし

1件 の用語解説(上田咸之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田咸之 うえだ-かんし

1755-1827* 江戸時代中期-後期の書家。
宝暦5年8月17日生まれ。京都の人。比叡(ひえい)山の僧豪恕にまなび,書道上田流をおこす。古器書画の収集家でもあり,鑑定をよくした。岡本保考を師とする説もある。文政9年12月26日死去。72歳。字(あざな)は淳夫。通称は理兵衛。号は止々斎,半九窩。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

上田咸之の関連キーワード松本愚山羅城梅野江雪恵岳(2)交寛美佐藤敬庵三鍼樗雲鶴賀鶴吉(初代)富士田音蔵(初代)