コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田咸之 うえだ かんし

1件 の用語解説(上田咸之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田咸之 うえだ-かんし

1755-1827* 江戸時代中期-後期の書家。
宝暦5年8月17日生まれ。京都の人。比叡(ひえい)山の僧豪恕にまなび,書道上田流をおこす。古器書画の収集家でもあり,鑑定をよくした。岡本保考を師とする説もある。文政9年12月26日死去。72歳。字(あざな)は淳夫。通称は理兵衛。号は止々斎,半九窩。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上田咸之の関連キーワード忠海鶴屋南北尾崎雅嘉尾崎雅嘉島津重豪尾崎雅嘉尾崎雅嘉尾崎雅嘉カニング冬の旅

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone