岡本保考(読み)おかもと やすたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本保考 おかもと-やすたか

1749-1818 江戸時代中期-後期の書家,神職。
寛延2年9月21日生まれ。京都上賀茂神社の祠官。大師流書法を岡本邦氏,花山院常雅にまなんだ。書博士(しょはかせ)となり,おおくの門人におしえた。また和歌もよくした。文化15年4月19日死去。70歳。通称は弁之助。方円斎と号し,□○斎ともかいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android