コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田左太夫 うえだ さだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田左太夫 うえだ-さだゆう

?-1819 江戸時代後期の武士。
播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。江戸藩邸留守居役。文政2年7月親族小野氏の養子となった水野勘解由(かげゆ)に自宅で刺殺される。たびかさなる借金の不始末を叱責したためで,5年勘解由は左太夫の家僕によって犯行をつきとめられ死罪となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上田左太夫の関連キーワード源三郎(1)

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android