コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田帯刀 うえだ たてわき

2件 の用語解説(上田帯刀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田帯刀 うえだ-たてわき

1809-1863 江戸時代後期の蘭学者。
文化6年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。吉雄俊蔵にまなぶ。海防の必要性を説き,伊藤圭介らとはかり自邸に私塾洋学堂を設立。大砲をつくり,知多半島に砲台をきずいた。本居大平(もとおり-おおひら)門下の国学者,歌人としても知られた。文久3年5月2日死去。55歳。名は仲敏。著作に「西洋砲術便覧初編」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上田帯刀

没年:文久3.5.2(1863.6.17)
生年:文化6(1809)
幕末の洋式兵学者,国学者。尾張(名古屋)藩士。諱を仲敏。字は金十郎。頼母,帯刀と称し,菊廼家,黄花園と号した。国学を本居大平に学び,和歌をよくした。海防に関心を抱き,蘭学者田口俊平が尾張藩に招聘されるや彼に就いて蘭学を修め,洋式砲術を研究した。また藩許を得て自宅内に西洋学館と称する私塾を設け,藩士たちに洋式砲術の教授をする。嘉永・安政の間(1848~60)には知多半島の防備に用いる大砲の鋳造や沿岸砲台の築造を指揮するなど,尾張藩の洋式兵学導入に指導的役割を果たした。<著作>『西洋砲術便覧』『訳名字類』

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田帯刀の関連キーワード上田仲敏国学者西郷暉隆下曾根金三郎田結荘千里中島名左衛門鍋島茂義成田正右衛門原田一道村上範致

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone