上田楠次(読み)うえだ くすじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田楠次 うえだ-くすじ

1837-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年2月18日生まれ。土佐高知藩士。間崎滄浪(そうろう)にまなぶ。土佐勤王党にくわわり江戸で活動。戊辰(ぼしん)戦争では東山道総督に属し,下総(しもうさ)流山(千葉県)で捕らえられた近藤勇を板橋本営に護送した。慶応4年4月18日戦死。32歳。名は元永幼名は寅治。変名は江口大蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android