コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上甲振洋 じょうこう しんよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上甲振洋 じょうこう-しんよう

1818*-1878 江戸後期-明治時代の儒者。
文化14年12月9日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)宇和島藩士。近藤篤山(とくざん)に,のち昌平黌(しょうへいこう)で古賀侗庵(どうあん)にまなぶ。藩校明倫館でおしえたが安政元年辞職し,私塾青石洞書院をひらいた。明治11年9月9日死去。62歳。名は榡。字(あざな)は師文。通称は礼三。別号に遂幽,余学楼,存存斎など。著作に「存存斎集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上甲振洋の関連キーワード西河 通徹

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android