コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上陸作戦 じょうりくさくせん amphibious warfare

1件 の用語解説(上陸作戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上陸作戦
じょうりくさくせん
amphibious warfare

水陸両用作戦,揚陸作戦とも呼ばれる。海軍部隊と上陸部隊をもって海上から敵岸に対して行う軍事行動。海上から敵地に上陸する場合,長期占領を目指す上陸作戦と,短時間だけ敵地の制圧を試みる奇襲上陸,および上陸した敵の背後に上陸する逆上陸がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上陸作戦の言及

【水陸両用作戦】より

…艦艇あるいは舟艇に乗船した海上部隊および上陸部隊により,海上から開始される攻撃で,敵地への上陸作戦を含む戦術行動をいう。第2次大戦中に太平洋の島々で技術的に確立された。…

※「上陸作戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上陸作戦の関連キーワード空挺作戦水陸両用機水陸両用作戦作戦計画作戦目標外線作戦内線作戦揚陸艦艇ダックツアー仁川上陸作戦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上陸作戦の関連情報