コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り居る オリイル

2件 の用語解説(下り居るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おり・いる〔‐ゐる〕【下り居る】

[動ワ上一]
下りたままでいる。下りてそこにいる。
「住吉の浜を行くに、いとおもしろければ、(馬カラ)―・ゐつつ行く」〈伊勢・六八〉
下りて座る。下りてとどまる。
「その沢のほとりの木の蔭に(馬カラ)―・ゐて、乾飯(かれいひ)食ひけり」〈伊勢・九〉
天皇などが位を退く。退位する。
「その時の帝(みかど)も―・ゐ給ふ」〈宇津保・春日詣〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おりいる【下り居る】

( 動上一 )
おりてすわる。 「その沢のほとりの木の陰に-・ゐて/伊勢 9
馬などから降りてそこにいる。 「しばし-・ゐて馬休めん/平家 7
天皇・斎院などが位から退く。退位する。 「みかど-・ゐさせ給はむの御心づかひ近うなりて/源氏 紅葉賀

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone