下久保ダム(読み)しもくぼダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下久保ダム
しもくぼダム

群馬県と埼玉県の県境利根川支流神流川にある多目的ダム。重力式コンクリートダム (→重力ダム ) で,高さ 129m,長さ 310m,有効貯水量1億 2000万m3。利根川総合開発の一環として,1968年水資源開発公団により完成。洪水調節,都市用水,発電 (最大出力1万 5000kW) に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

下久保ダム

群馬県藤岡市から埼玉県児玉郡神川町にまたがる地区、利根川水系神流川に位置する多目的ダム。1969年竣工の直線重力式コンクリートダムで、総貯水量は130,000,000立方メートル。ダム湖は河川名にちなみ神流湖(かんなこ)と命名されている。下流域には国指定名勝、三波石峡がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の下久保ダムの言及

【神流川】より

…上流部はほぼ東西方向の山中(さんちゆう)地溝帯を流れ,中流部には三波石(さんばせき)峡に見られる美しい緑色片岩が分布する。三波石峡のすぐ上流に下久保ダム(1967竣工)があり,神流湖をたたえる。ダムは堤高129m,有効貯水量1億2000万m3。…

※「下久保ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android